風の色を見にでタグ 夕凪の街桜の国 が指定されているエントリー

映画『夕凪の街 桜の国』

オリジナルを忠実にふまえながら、映画手法によって原作への尊敬が翻訳され、同じよう...

こうの史代 『夕凪の街 桜の国』

だれかが、憎しみや利益のためにおこす争いに、理不尽に巻き込まれることの痛み。 ほんの気まぐれのような偶然だけで、生き残ってしまったことの苦しみ、生きている希望。 記憶を手渡してゆきたい、それを受け取りたいという思いが、時を超え世代を超える。 ひとが、抱えて生きている喜びと悲しみ。その両方に、涙する。

購読

フィードリーダーを利用して検索結果を購読し、今後投稿されるエントリーでタグ「夕凪の街桜の国」が指定されているものにアクセスできます。 [フィードとは]

フィードを取得 フィードを取得